熱抵抗とは (熱回路網法による熱計算)(2009年6月15日公開分)

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

熱抵抗とは (熱回路網法による熱計算)(2009年6月15日公開分)

2010-07-15

「熱抵抗」と聞いて、だいたいの概念はご想像つくと思います。

「熱の伝わりにくさ」の度合いです。

この値が大きいほど、その両端で温度差が生じます。

つまり、熱が伝わりにい、すなわち熱が逃げにくいということになります。

固体内(たとえば、断熱材) の熱抵抗計算式は

netsuteikou1.jpg
となり、値が大きいほど、断熱性能が高いことになります。

周囲空気に自然放熱する現象
(電子機器を冷却するために使われる、ヒートシンクなど)
の計算式は

netsuteikou2.jpg

となります。

値が小さいほど熱が逃げる(=放熱能力が高い)という、解釈になります。

式中の「h」は、熱伝達率で、条件によって変わります。

詳しくはお問い合わせください。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME