長方形スリットからの冷却風熱伝達 (その1/全3回) (2009年8月10日公開分)

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

長方形スリットからの冷却風熱伝達 (その1/全3回) (2009年8月10日公開分)

2010-07-15

ノズルとの距離

以前のエントリーで エアージェットなど、衝突噴流による熱伝達率についてさらっと書きましたが、

今回のエントリーからしばらく、具体的な実験結果から得られたグラフをお見せします。

まずは、鉛直から45度傾けた長方形スリット(二次元ノズル)から噴き出た冷却風の冷却効果を示す結果です。

blog_jet_fig3.gif

blog_jet_graph3.jpg

一番冷える場所(熱伝達率が高いところ)はジェット中心よりすこし、傾けた方向にずれていることがわかります。


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME