熱抵抗とは

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

熱抵抗とは

2012-11-30

このような計算をされている方に必要な知識です

断熱壁の厚み計算

保温筒の理論的厚みを計算

配管の放熱量計算

放熱フィンの過渡熱伝導計算

ヒートシンクの放熱量の計算

耐熱電線の選定

電線に正規の電流をながして溶けかけた場合、温度上昇を計算

環境温度の(高室温)、推測する方法を検討

シリコンゴムで覆われた(公称断面積、外側にガラス組編み)電線が高温自然冷却の部屋にある場合の表面温度計算

ゴムで覆われ、空中(両端固定)で水平に保たれたときの表面温度計算

熱抵抗とはこのように定義されます

Rth.jpg

ΔT:二点間の温度差(K)

R:熱抵抗(K / W)

Q:二点間を流れる熱量(W)

具体例として以下のようなものがあります

netsuteikou_new.jpg

Rc:熱伝導による熱抵抗(K / W)

L:熱伝導熱流路長さ(m)

λ:固体の熱伝導率(W/m K)

Ac:熱伝導の熱流路断面積(m2)

Rh:対流熱伝達による熱抵抗(K / W)

h:熱伝達率(W/m2 K)

Ah:熱伝達面の面積(m2)

Rr:ふく射熱伝達による熱抵抗(K / W)

F:形態係数()

Ar:ふく射面面積(m2)

σ:ステファンボルツマン定数(W / m2 K4)

ε:ふく射率(放射率)

Tm:ふく射面と周囲温度の平均値(K)


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME