熱量計算エクセルによる受託解析サービス

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557
#
#
熱量の数式入りレポート、エクセルファイルをご提供する受託サービスです

御社の冷却、放熱に関する熱量計算の課題は
弊社が受託解析いたします。

例えばこのような事ができます。

RDF産廃固形燃料 冷却計算

以下のような業務をされている方はお読みください。

産業廃棄物利用、固形燃料必要冷却量の計算
単純形状固体内温度分布時間変化をエクセルで計算

上記のような計算は15日で解決します。

7日後 解決コース

燃料電池冷却シミュレーション

以下のような業務をされている方はお読みください。

産業機器、車載用燃料電池の最適冷却方法検討

上記のような計算は25日で解決します。

7日後 解決コース

御社のかかえてみえる、冷却、放熱計算対象はなんでしょうか?

熱計算対応数および、有料技術計算実績内訳

2007年4月~2020年8月現在 過去13年間合計390件以上の熱計算を処理

熱計算相談内容内訳

タンク、熱交換器、温水発生装置、燃焼炉、ヒータ伝熱面積計算 24%
配管、ダクト内流体温度、ヒータ容量計算 19%
冷却工程最適化 17%
製品開発 詳細伝熱シミュレーション 13%
製品、治具、設備表面温度計算 11%
金型温調最適化 4%
電気設備 遮熱計算 4%
電子機器冷却最適化 4%
耐火、耐熱試験妥当性検討 3%
放熱、冷却フィン最適計算 1%

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。


伝熱量予測その他の事例はこちら

 

有料サービス取引実績

2008年1月 エクセル技術相談開始~
20011年9月 伝熱セミナ-提供開始~
20012年12月 Visual Basicによるカスタム伝熱シミュレーションソフト提供開始~

掲載可能な法人様を順不同で一部記します(敬称略)

YKK株式会社
清水建設株式会社
四国電力株式会社
新明和工業株式会社
積水化学工業株式会社

凸版印刷株式会社
株式会社デンソー
株式会社堀場製作所
トヨタ自動車株式会社
ホンダエンジニアリング株式会社

 

熱量算出期限

放熱・冷却熱量を貴方の代わりに算出します

はじめまして。
株式会社 Future Engineer 代表取締役社長兼 最高技術責任者 新川と申します。

熱量コンサルタント新川の経歴

私の人生におけるミッションは、以下の通りです。

「子供達の理系離れを食い止める」
「技術者が、自分たちの持っている能力に使命感及び、
誇りを感じることが出来る環境を創る」

先日参加したセミナーにて講師である著名人にこの事を話したら、大変賛成していただけました。

今後、私が過去に仕事上で苦労した熱量予測を提供し、皆様のお役に立つことにより、自分のミッションを果たせる会社を創りたいと思っております。

熱計算するだけではありません

1) エクセルファイルをご提供するので、御社内で入力値を変更できます

レポートに回答する計算結果は エクセル「Excel(TM)」によって算出します。
このファイルをレポートと共にお渡しすることによって、御社内でパラメータ等を 変更し、いつでも再計算できます。

エクセル(Excel)で熱量や、温度予測を行い受託解析いたします

2) レポート(熱計算書)を作成致します

ご相談内容、熱量計算前提、手順および、結果をPDFファイルにして、お渡ししております。
これは、結果の根拠となる資料の名前も記載してありますから取引様へそのまま提出できます。
(以下サンプル)

熱量計算、温度予測に使用した数式、結果算出に使用した文献を掲載したレポート

3) 使用した文献の部分コピーをお渡し致します

レポート回答を導く根拠になる参考文献を、ご希望に応じてお渡しいたします。
貴方が御社内で再度活用される時にお使い下さい。
ご提供した文献にはほとんど、「参照文献」が記載してあります。貴方は、これにより、他の熱量計算に関連する知識へのキーワードを知ることができます。
(著作権の関係で不可の場合もあります)
自社の熱量計算ノウハウ蓄積をお助けいたします。

「取引先への納期が迫っている!」

熱量計算の受託お見積りはこちら

 

すでにご相談された方から頂いたお声です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

水槽内設置の配管内液温出口温度計算をされている方のご感想

【ご相談前】自身で検討した算出方法の妥当性について検討必要だった

2019年5月にご相談
水槽内設置の配管内液温出口温度計算に従事

【ご相談後】最後まで丁寧に対応頂き業務を解決することがでた

水槽配管出口温度計算
 表記の技術計算について、自身で検討した算出方法の妥当性について検討して頂いた。当初は意思の疎通が不十分な点もあり、時間を要した分最後まで丁寧に対応頂き、こちらが予定した業務を解決することができました。大変お世話になりました。
 また機会がありましたら利用させていただきます。

溶解コンテナー、加温庫スチームヒータ加温計算のご感想

【ご相談前】他の設計事務所では対応不可だった

2020年3月にご相談
溶解コンテナー内のスチームヒータ加温計算
加温庫内のスチームヒータ加温計算
STARエンジニアリング㈱
松田宏光 様 76歳

【ご相談後】複雑な諸条件を的確な理論計算をベースに作成、客先承認を頂けた

加温コンテナースチームヒータ
 数か所の設計事務所に熱負荷計算を依頼したが、断られた経緯がありますが、㈱Future Engineer殿にて、複雑な諸条件を的確な理論計算をベースに作成頂き、設計内容の客先承認を頂けた。
 計算結果の検証は工事完成後となりますが、問題なく稼働するものと判断します。

その他の方の感想はこちら

私もかつて熱量計算、温度の算出に苦労していました、、、

独立前、企業に勤めていた時、一番苦労した事は、周囲環境へ逃げる放熱量、冷却熱量の割合(熱伝達係数)の検討をつけることでした。
例えば、固体内の温度を求めるためにも、
一番外側から逃げる熱量がわからなければ求まりません。
有限要素法(FEM)伝熱解析では、対流 境界条件の設定に相当します。
流体と接してる物体形状により放熱量は様々に変わり、とても面倒なものでした。
時間を費やし、これらの熱量をしていました。

貴方の熱設計に必要な、
「熱伝達係数」、「境膜伝熱係数」は、すぐ調べることができますか?
そうでないようでしたら、ご連絡ください。

熱量、表面温度の算出に関しては貴方に、苦労はさせません。

熱量予測の締切はいつですか

熱量算出に関するご相談お見積りはこちら


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME