固体内の任意位置における温度時間変化(2009年10月2日公開分)

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

固体内の任意位置における温度時間変化(2009年10月2日公開分)

2010-07-15

均質な、無限平板や、無限円柱、球は、ハイスラー線図から大体求まりますが、この線図の基となる解析的な取り扱いは、はまると面白いことに気が付きました。

誤差関数や、フーリエ級数などで、ラプラス方程式を解きます。

最近、見積もりをした案件では、均質でなく、多層平板の温度時間変化を計算せねばならなく、 長い間苦手意識があった、差分方程式による数値計算を行う必要が出てきました。

近いうちに一次元非定常熱伝導現象を差分式で求めるソフトを創ろうと思います。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME