自然対流熱伝達の計算方法(2009年5月29日公開分)

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

自然対流熱伝達の計算方法(2009年5月29日公開分)

2010-07-15

自然対流熱伝達の計算方法
(グラスホフ数、プラントル数、体積膨張率、動粘性係数)

今回は自然対流熱伝達率の数式を説明します。

shizen_h.jpg

この中で、周囲流体の物性値は

Pr数、
β(体積膨張率)、
ν(動粘性係数)、
λ(熱伝導率)

です。

「d」は、物体の代表長さで、上式では水平円柱の直径を使っています。

「g」は、重力加速度です。

前回の定性的な説明でお伝えしたとおり、

高温壁面の温度と周囲流体温度の差(Tw - T∞)が計算に関係してきます。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME