集中熱容量モデルとは

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

集中熱容量モデルとは

このような計算をされている方に必要な知識です

表面積に比べて、体積が小さい物体の温度変化を計算
固体表面温度と、内部温度の差を検討
熱伝導率が高い物体を自然放熱する場合の温度変化

集中熱容量モデルとはこのように定義されます

「物体内の温度分布を無視して物体の熱容量だけを集中系として取り扱うことができるモデル」

具体例として以下のようなものがあります


微小粉じんの温度変化
金属内部の温度変化を計算


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓

具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、 簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料
熱計算メールマガジン
代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME