熱伝達係数(熱伝達率、境膜伝熱係数)の計算式 (強制対流)

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

熱伝達係数(熱伝達率、境膜伝熱係数)の計算式 (強制対流)

2012-11-27

以下に強制対流 熱伝達率 を計算するために必要な数式を示します

強制対流 レイノルズ数 熱伝達率 数式

記号の意味

Nu L:ヌセルト数
Re L:レイノルズ数
Pr:流体のプラントル数
U∞:流体の流速(m/sec)
L:物体の代表長さ(m)
ν:流体の動粘性係数(m2/sec)

h:熱伝達率(W/m2 K)


λ:流体の熱伝導率(W/m K)

熱伝達率の求め方

1 流体が接する固体の形状を明確にする。
2 流速を求める。
3 レイノルズ数(Re数)を求める。
4 ヌセルト数(Nu数)を求める。
5 熱伝達率を求める。

注意点

 熱伝達率を計算するためには、固体の物性値は一切関係ありません

 強制対流のNu数(ヌセルト数定義はこちら)はRe数とPr数の関数ですが、
液体金属、および低レイノルズ数の場合はPe数(ペクレ数の定義はこちら)
の関数となる事もあります。


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME