実験では結果が出ないとあきらめた

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

実験では結果が出ないとあきらめた

2010-06-25

↓技術相談 活用後↓

「装置の改善に目処が立った!」

水銀灯照明機器を設計されている
T.A 様 55歳 男性 2008年 5月 相談

 高出力の水銀灯照明装置を製作していますが、先日1年ほど使用中の装置で、水銀灯電極線の被服の一部が黒焦げになっていました。
そこで擬似的なモデルで、実験を行い電線温度を測定しましたが、期待したような高温にはならず、原因追及に行き止まっていました。

 実験装置と実機とのギャップ(水銀灯の発熱による周囲温度の再現ができない)があり、実験では結果が出ないとあきらめました。

 そこでこのサイトに出会い、計算上で温度がどれくらいになるかを試算して貰った結果、試算温度と1年という長期間に及ぶ劣化で黒こげになっても不思議ではないと言う予測がたちました。

 お陰様で、装置の改善に目処が立ちました。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME