一般的な熱量計算であって、少し期待外れであった。。

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

一般的な熱量計算であって、少し期待外れであった。。

2017-01-27

↓受託相談 活用の感想↓

配管敷設ヒータ容量計算

2016年7月にご相談

kamiya_sama.jpg

配管内を流れる気体を昇温する為に配管上にどれ位のヒータ容量が必要かを知りたかった。
流れる流速から配管の内側から流れる機体にどれ位熱交換をしてヒータ容量を導くと思ってたが気体の流量、比熱、比重、Δtを掛けた一般的な熱量計算だったので、少し期待外れであった。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME