Q) 放熱の計算に、Nu数(ヌセルト数)、熱伝達率どちらで評価すべき? - 熱 温度 技術計算 エクセル受託解析 - FutureEngineer

熱 温度 技術計算 エクセル受託解析 - FutureEngineer

HOME > よくある質問 > Q) 放熱の計算に、Nu数(ヌセルト数)、熱伝達率どちらで評価すべき?

Q) 放熱の計算に、Nu数(ヌセルト数)、熱伝達率どちらで評価すべき?

A) 熱伝達率で評価すべきです

熱伝達率の計算式は

「Nu数×流体の熱伝導率/その流れ場の代表長さ」
で表されます。

熱伝達率、Nu数の定義はこちら

一方Nu数の定義としては、

「固体表面を流れる、流体の移動による熱交換量と、
流体の物質内を熱伝導で移動する熱交換量の比」

と言えます。

物体表面から、流体によって放熱する量を計算する場合は、、

専門書に様々な場合のNu数が掲載されていますので、
実務上は、計算しようとしている放熱計算対象に適当なNu数を調べて計算する事になります。

その後、定義式から熱伝達率を求めて、ニュートンの冷却則によって、放熱量が求まります。

ニュートンの冷却則の定義はこちら

 
 

> よくある質問


おしらせ

大阪 熱量計算相談会 東京 熱量計算相談会 

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


エクセルファイル、計算レポートはございませんが、 簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます


今すぐ計算結果が必要


PageTop

24時間相談無料
大阪 熱量計算相談会
東京 熱量計算相談会 
熱計算メールマガジン

サイト内 検索

貴方の設計対象を検索
↓↓↓↓↓


本サイト内 を検索

代表 新川の活動状況

新着記事

メニュー

代表の著作購入はこちら

『大学の理系教科書は1ページ25万円で売れる!?』

『大学の理系教科書は1ページ25万円で売れる!?』

熱計算-実況中継-ブログ

会社概要

対応可能地域

    日本全国
    flag_j.jpg

    アジア各国(順序不同)
    中華人民共和国
    中華民国(台湾)
    大韓民国
    タイ王国
    インドネシア共和国
    インド共和国
    シンガポール共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_sin.jpg

    欧米各国(順序不同)
    アメリカ合衆国全域
    イギリス
    ドイツ連邦共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg

おすすめサイト



HOME - 受託解析 計算費用 - 技術相談 事例一覧 - 相談お申込み - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ  - 相談者の体験  - 伝熱セミナー講師実績  - 非営利講演実績  - よくある質問  - 熱伝達係数 概算値一覧  - 熱抵抗 計算例  - 熱物性値 一覧  - 熱量の求め方 基礎知識  - 各種熱機器熱設計  - ブログバックナンバー  - メルマガ読者専用資料


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。