Q) 銅、鉄、SUSなど金属棒温度を熱伝導計算式を使って求めるには?

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

Q) 銅、鉄、SUSなど金属棒温度を熱伝導計算式を使って求めるには?

A) 定常状態(温度分布が変化しない状態)を求めるには有限体積法がお勧めです

有限体積法とは

 計算対象の固体を有限大きさの要素に分割し、要素に流入出する熱量に関して等式を作り、
全要素に関して連立させて温度を解く方法。

 棒状の物体でしたら、材質が何であれ物体の熱伝導率が分かればよいです。
隣り合う要素同士でフーリエの法則に従い、熱流量を求めます。
 棒表面からの放熱量はニュートンの冷却則を用います。

連立方程式を解くためには

 各要素の温度に係る係数達と、それぞれの方程式の定数項から係数行列を求め、正規化します。
この時にガウスの消去法を使うと便利です。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓

具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、 簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料
熱計算メールマガジン
代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME