滴状凝縮とは

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

滴状凝縮とは

2012-05-01

このような計算をされている方に必要な知識です

凝縮器(コンデンサ)の化工計算
多管式熱交換器の凝縮量計算

滴状凝縮とはこのように定義されます

「凝縮器の伝熱管に接触した蒸気が滴状になって滴り落ちる現象」

他の現象と比較するとこのような事が言えます。

膜状凝縮と比べて、滴状凝縮は伝熱係数は非常に大きくなる。
これは膜状凝縮は伝熱管全体に液体が膜状に付着するので、熱交換は膜を通して行われるのに対して、滴状凝縮は伝熱管表面一部分では蒸気と接触していて、そこで熱交換が行われるからである。


おしらせ

連休明け 9/23(水), 9/24(木) 大阪、東京にて熱計算相談会を行います~

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME