放熱フィン 拡大伝熱面 広ければいいってものでもなし。。。(2009年11月27日公開分)

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

放熱フィン 拡大伝熱面 広ければいいってものでもなし。。。(2009年11月27日公開分)

2010-07-15

「放熱フィン」 というと、何を思い浮かべますか?

自動車のラジエターにある、あのギザギザも、そうです。

パソコンの中を開けると、CPUに付いている、細い板が並んでいる奴、それもそうです。

「なぜ、フィンにすると、放熱するのか?」

なぜかというと、周囲の流体(たいてい、空気)に触れる面積を広くすると、 熱くなった本体から熱が逃げるからです。

「じゃぁ、ガンガン広くすればいいのでは???」
っていうと、やはり最適な広さがあります。

「広い」っていうのは、限られたスペースで、放熱面積を拡大する事なんですが、 「限られて」いるので、とうぜん、拡大すれば、密集します。

密集すると、その間に流体が通過しにくくなります。

通過しにくくなると、淀んだ熱い空気が滞留して、放熱しなくなります。

この最適化のための計算式はいろいろあります。

ただいま、お見積り中の案件が終了したら、数式を公表しようかな~と思ってます。


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME