水流ジェットによる熱伝達率の計算

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

水流ジェットによる熱伝達率の計算

2010-07-15

以下のような業務をされている方はお読みください。

金型ブロックを水槽内ジャグジーなどでで冷却する場合の熱応力計算
高温物体から距離Hだけ離れた場所から、ウォータージェットによる冷却を行ったときの、固体表面熱伝達率の算出ができます。

冷却、放熱の方法を水槽内で検討します

以下に関連する数式を紹介します。

熱伝達係数の数式です

以下が熱伝達率のグラフです

冷却水量、流速の違いによる熱伝達係数の変化

高温壁面の面積によって、平均熱伝達率は変化します。
(中心から離れるに従って、局所熱伝達率が低くなる。)

上記のような計算は5日で解決します。

5日後 解決コース


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME