微粒子 金属粉塵の冷却計算

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

微粒子 金属粉塵の冷却計算

2010-07-15

下のような業務をされている方はお読みください。

レーザ加工で発生する粉塵(粉じん)の冷却時間を計算。
分級エアー装置の設計。
集塵機により搬送される粉塵の衝突板や流路設計。
初期温度が溶融再凝固(1度以上)してい高温粉塵の鉄鋳物内の搬送流路、流速を計算。
高温品温の灰がパイプ中に混入、ある風速(風量)で移動(搬送)させながら低温に冷やす時の熱伝導計算。
空気輸送中に搬送物(灰)の温度を空気でさげる場合の熱計算。
灰の混入部(パイプの中を流れている空気の中に灰を供給機にて投入する場所)からその移動箇所にて吸引し、分級機、によって集塵され灰温度を下げる時の輸送条件を計算。

直径数ミクロンの高温金属粒子が、
どのくらいの時間で冷えるのか?
このような計算ができます。

以下に、関連する数式を紹介します

ryuushi_eq.gif

以下は金属粉塵 温度の時間変化グラフです


上記のような計算は7日で解決します。

7日後 解決コース


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME