レイノルズ数とは

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

レイノルズ数とは

2010-07-15

このような計算をされている方に必要な知識です
強制対流熱伝達の計算
乱流、層流の判断をする時
流れの粘性力と、慣性力の割合を計算
レイノルズ数とはこのように定義されます
「粘性力に対する慣性力の割合」
Re.jpg
Re0.jpg:レイノルズ数
u.jpg:流体の速度(m/sec)
L.jpg:代表長さ(m) (円柱の場合直径、パイプ内の場合内径)
nyuu0.jpg:動粘性係数(m^2/sec)
具体例として以下のようなものがあります
管内の流れでは、レイノルズ数が2300以上になると、乱流になります。
管の外(パイプなどの外側)の流れでは、2×10^5付近が、層流と、乱流の判断基準(臨界レイノルズ数)になります。


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME