配管(パイプ)加熱ヒータ容量計算

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

配管(パイプ)加熱ヒータ容量計算

2012-01-18

配管ヒータはこのような使われ方をしています

海水中に埋設する塩化ビニル管の保温

寒冷地の水道管の凍結防止用ヒータ

温水、温風を創りだすための誘導コイル

ボイラーによる熱を熱需要設備に送るための導水管として

具体的には、以下のような製品が該当します

シリコーンベルトヒーター

ジャケット(マントル)ヒーター

蒸発、凝縮熱を利用したヒートパイプ

ヒートブロック

誘導コイル

よくつかわれる計算として以下のようなものがあります

管内熱伝達式

熱量保存式

固体内熱伝導方程式


おしらせ

熱計算メールマガジン

御社の課題はすでに弊社で扱っているかもしれません。

「こんな計算はできるのか?」 過去の計算事例を検索↓↓↓



具体的な案件をとりあえず見てもらいたい!

 まずは、無料でご相談ください。すぐに解決するかも知れません。

24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


お見積りはこちら

PAGE TOP

24時間相談無料

熱計算メールマガジン

代表の著作購入はこちら
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME