拡大伝熱面とは

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

拡大伝熱面とは

2012-05-02

このような計算をされている方に必要な知識です

ヒートシンクの設計

ラジエターフィン側の境膜伝熱係数を計算

様々なフィンを設計

拡大伝熱面とはこのような事をいいます

放熱面積を意図的に多くとり、周囲流体にさらされる面積を多く取る事

fin_fig.jpg

フィンが無い場合の伝熱量はこのようになります

no_fin_Q.jpg

フィンを取り付けた場合の伝熱量はこのようになります

fin_Q.jpg

フィン効率とはこのように定義されます

η=フィンからの放熱量/フィン全体が根元温度と等しいと仮定した時のフィンからの放熱量


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME