なぜ、同じ100℃なのに、木板より鉄板の方が熱い! のか?

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

なぜ、同じ100℃なのに、木板より鉄板の方が熱い! のか?

2012-04-26

2012年4月30日(月) メルマガ読者様用資料

このページは弊社月曜日無料配信「熱計算のヒント」読者様用の資料です。

まずは計算式から

異なる温度の物体が接触した時の接触面温度を求める数式は以下のようになります。

contact_T.jpg

接触する2物体の温度の熱伝導率、比熱、密度を元にして、木板と鉄板の場合を比べてみます。

木片を触った時

contact_T2.jpg

接触面温度T=42(℃)

鉄板を触った時

contact_T3.jpg

接触面温度T=95(℃)

なお、使用した物性値は以下の通り

人体皮膚

熱伝導率:0.45(W/m K)
比熱:3600(J/Kg K)
密度:1050(Kg/m3)

木板

熱伝導率:0.1(W/m K)
比熱:380(J/Kg K)
密度:500(Kg/m3)

鉄板

熱伝導率:80.3(W/m K)
比熱:442(J/Kg K)
密度:7800(Kg/m3)


おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME