伝熱セミナー講師実績 - 熱 温度 技術計算 エクセル受託解析 - FutureEngineer

熱 温度 技術計算 エクセル受託解析 - FutureEngineer

HOME > 伝熱セミナー講師実績

2011年10月15日(土) 愛知県名古屋市にて 応用セミナー開催

講義の目的

高温固体の内部温度分布をCAEシミュレーションを使わずに求める手法を習得できます

対象受講者

空気や水で製品を冷やす場合に、どれくらいの時間でどの部分が
何度になっているかを計算したい方。
温度の過渡現象を計算。

概要

1.伝熱計算の基礎知識
1.1 熱伝導方程式
1.2 フーリエの法則
1.3 ニュートンの冷却法則

2.固体内の熱伝導の計算
2.1 1次元定常熱伝導
2.2 1次元非定常熱伝導
2.3 境界条件について
2.4 ハイスラー線図を使った演習 (Excelによる演習)

3.Excelを使用した応用計算事例 (Excelによる演習)
3.1 大きくて広い板を外側から冷却する時必要な冷却時間算出
3.2 長い中肉丸棒を冷却する時に必要な冷却時間算出
3.3 球体を冷やす場合の各部の温度変化算出
3.4 微小な金属(粉塵など)が瞬間的に冷却する時の温度変化
3.5 有限の板、棒を冷やす場合の計算

4.質疑応答・名刺交換・個別相談など

名古屋講習会詳細はこちら

2011年9月に北陸地方富山県にて 出張社員研修開催 

参加者様のご感想(一部)

受講前

熱計算は書籍とインターネットから独学で行っていたので正しさが分からなかった。

↓↓↓↓↓

受講後

今回の出張セミナーでは参加者によっては間違いに気づき、初めて知った事があった。

kannsou5.jpg

 今まで熱計算は、書籍とインターネットから得た知識で行っていた。独学で知識を習得してきたため、 熱計算で得た答えが正しいのか間違っているのか分からなかった。
 そこで今回の出張セミナーを受講して今まで自分が行ってきた計算式の使い方が間違っている事が分かり、大きな収穫を得た。

 また、セミナーの応用事例の解説は、当社に関する設備製造の熱計算であったため、受講者の関心が高く、他人の質問にも皆真剣に耳を傾けていたようだ。

 「聞くは一時の恥、聞かぬは・・・」の諺ではないが、今回の出張セミナーを通して受講した人全員が同じ計算の基本を知り、人によっては間違いを気付き、 初めて知ったなどプロからの講義を受ける大切さを痛感した。

 Future Engineerの新川様に感謝いたします。

北陸地方 社員研修詳細はこちら

2010年4月20日、21日東京都内にて

「過去100の熱計算事例を基にした伝熱セミナー」を講義

基礎理論から、実際に現場で使う熱計算事例まで、パソコン実習形式で講習会を行いました。

熱計算に従事する技術者の方々が約15名参加されました。

本セミナーの到達目標

熱伝導に関する基礎数式を知り、理解する

ハンドブック、物性値があれば、目的の熱計算ができるようになる

自分でエクセルにより計算を行えるよう、実際に手を動かして作業に慣れる

セミナーの様子

講習内容(動画)

講習会スライドtop

slide_top.JPG

弊社が行ってきた


過去100件の熱計算事例


を基に講義をさせていただきました。

「伝熱の基礎とExcelによる現場で使える熱計算ノウハウ講座」

~過去2年間100件以上の熱計算案件に使用したExcel活用事例~

1.伝熱計算の基礎知識
 1.1 熱伝導方程式
 1.2 フーリエの法則
 1.3 ニュートンの冷却法則

2.固体内の熱伝導の計算
 2.1 1次元定常熱伝導
 2.2 1次元非定常熱伝導
 2.3 境界条件について
 2.4 ハイスラー線図を使った演習 (Excelによる演習)

3.様々な対流熱伝達の形態
 3.1 強制対流熱伝達(外部流)
 3.2 強制対流熱伝達(内部流)
 3.3 自然対流熱伝達(外部流)

4.Excelを使用した応用計算事例 (Excelによる演習)
 4.1 金型を外側から冷却する時必要な冷却時間算出
 4.2 パイプ内の流体温度の計算
 4.3 通電中の裸電線の温度計算

5.質疑応答・名刺交換・個別相談など

講習全体風景

seminar_fuukei.jpg

2日にわたり


東京お台場にある


セミナー会場にて行いました。

講習会スライド(ニュートンの冷却法則)

newton_reikyaku.JPG

高温製品を冷却するためには


必須の熱伝達現象を


説明させていただきました。

講習会スライド(強制対流熱伝達計算式)

kyousei_tairyuu.JPG

強制対流熱伝達の理論式に


必須のパラメータ


レイノルズ数とヌセルト数を


説明させていただきました。

講習会スライド(高温金型冷却計算実習)

kanagata_reikyaku_jissyuu.JPG

参加者の方によって、実際に


エクセルを使用して熱計算実習を


行っていただきました。

全力投球中の講師

teburi.jpg

スライドを指しながら


基礎理論を説明するのは


かなり大変でした。


2010年4月東京での講習詳細はこちら


《 前 1 2


 
 

おしらせ

大阪 熱量計算相談会 東京 熱量計算相談会 

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


エクセルファイル、計算レポートはございませんが、 簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます


今すぐ計算結果が必要


PageTop

24時間相談無料
大阪 熱量計算相談会
東京 熱量計算相談会 
熱計算メールマガジン

サイト内 検索

貴方の設計対象を検索
↓↓↓↓↓


本サイト内 を検索

代表 新川の活動状況

新着記事

メニュー

代表の著作購入はこちら

『大学の理系教科書は1ページ25万円で売れる!?』

『大学の理系教科書は1ページ25万円で売れる!?』

FutureEngineer

FutureEngineer

お問い合わせはこちら Fax.050-5539-8557

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

おしらせ

お問い合わせはこちら


お役に立てたら
「+1」をクリック

「こんな計算はできるのか?」 まずは、無料でご相談ください。

すぐに解決するかも知れません。


24時間相談無料

エクセルファイル、計算レポートはございませんが、
簡単なことでしたら、すぐに回答いたします。
(現在申込者多数のため、40歳以上の方に限らせていただきます。)


またはこんな計算もできます

お見積りはこちら

PAGE TOP



Copyright© 2018 FutureEngineer All Rights Reserved.
Powered by WordPress & 1FrameWorks

会社概要

対応可能地域

    日本全国
    flag_j.jpg

    アジア各国(順序不同)
    中華人民共和国
    中華民国(台湾)
    大韓民国
    タイ王国
    インドネシア共和国
    インド共和国
    シンガポール共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_sin.jpg

    欧米各国(順序不同)
    アメリカ合衆国全域
    イギリス
    ドイツ連邦共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg

おすすめサイト



HOME - 受託解析 計算費用 - 技術相談 事例一覧 - 相談お申込み - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ  - 相談者の体験  - 伝熱セミナー講師実績  - 非営利講演実績  - よくある質問  - 熱伝達係数 概算値一覧  - 熱抵抗 計算例  - 熱物性値 一覧  - 熱量の求め方 基礎知識  - 各種熱機器熱設計  - ブログバックナンバー  - メルマガ読者専用資料


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。